いぼは切除可能!実績のある病院であることを確認

効果的な治療を選ぶ

顔に触れる女性

治療法の選択をする

いぼは足の裏などにできることも多くて、ウオノメなどと間違える場合もあります。表面部分を少し削ると、いぼかどうかを見極めることもできます。いぼは表面近くまで血管が通っているので、削ると赤い出血点を確認できます。ウイルス性の場合は、小さな傷口からウイルスが入り込んで感染する場合もあります。ウイルス性だと自分で取ったりすると、逆に増えることもあるので注意が必要です。医療機関で切除することが、最も確実な切除法です。イボは液体窒素で除去できますが、液体窒素を使用すると大きな水ぶくれが生じる場合もあります。液体窒素を当てた患部組織は、低温やけどの状態になります。治療後に出血や水ぶくれになることもあります。液体窒素による治療は保険が適用されます。液体窒素による治療のやり方は、医療機関ごとに異なっています。綿球を使用する場合もありますし、スプレーで効率的に液体窒素を患部に当てることもあります。液体窒素とスプレーによる治療は一般的ですので、どちからを選ぶ場合が多いです。炭酸ガスレーザーを使用する方法も、いぼの切除法として人気です。炭酸ガスレーザーによる治療では、水分を含んだ皮膚組織にレーザーを吸収させます。こうすることで、一瞬にして問題の組織を蒸散できます。炭酸ガスによる除去法は、トラブルがあるポイントのみ照射できるので、肌への負担を避けられます。炭酸ガスは短時間でスピーディーにいぼを取ることができる利点もあります。メスで切除する場合は、局所麻酔を使用します。メスによる切除は大きめないぼを切除する時に使用する場合が多いです。いぼは再発を繰り返すことが多いので、様々な治療法を選ぶ場合もあります。局所免疫療法やエタノールを湿布する方法なども選べます。従来の治療法であまり改善しない時は、こうした治療法を選択するのも可能です。様々な治療法を試すと、自分に合う治療法が見つかることもあります。治療法の選択をする時は、カウンセリングによって施術の説明を受ける必要があります。カウンセリングは施術の内容や効果を知る良い機会ですが、上手く活用することが大切です。